レアを掘りにユク

パルチザンが大好きなPSO2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

特別編:【若人】ちゃんのメリークリスマス!

こんばんわ!
クリスマスとか言われても別に関係ないユクさんです(´;ω;`)

今日は、クリスマス特別編でお送りします。
例のごとくストーリーネタバレ含む場合アリです。
それでもよければ続きをご覧下さいヽ(・∀・)ノ


惑星リリーパ 採掘基地近く

【若人】とアークスの採掘基地を巡る戦いは続いてはいるものの、
週に2、3回戦いがあるかないかという体たらくであった。
【若人】はあまりにも暇すぎるので、眷属のダガン、クラーダとお話をし始めた。

【若人】「・・・最近、暇すぎるわね。アークスは何をしているのかしら?」
ダガン「実は最近、惑星ナベリウスで壊世区域といった地域が出現しているとか・・・。」
クラーダ「アークスにはアルティメットと呼ばれているらしいです。」
【若人】「それくらい知ってるわ。ちゃんとユガちゃん達を派遣してるわよ。」
ダガン「そうですか。それならアークスが来なくて暇なのは仕方ないのでは?」
【若人】「あれはそこまで人が多くないって聞いたわ。他にも何かあるんでしょ?」


ダガンやクラーダは先日のハロウィンの一件でたいへん困らされたことから、
今回のクリスマスイベントのことは伏せることにした。


クラーダ「いやいや、何にもないですぞ!」
ダガン「ええ。アークスが【若人】様の強大な力に戦意喪失しているだけです!」
【若人】「・・・バレバレ。クリスマスパーティがあるんでしょ、どうせ。」
ダガン「ぎ、ギクぅ!!」
【若人】「・・・というわけであたしも遊びに行くわね。」
クラーダ「うぅ・・またこの流れかぁ・・。」

ユクリスマス

【若人】「えへ。どう?」

クラーダ「相変わらず似合っておりますぞ!」
【若人】「まぁ何を着てもあたしは似合うし可愛いわよね。」
ダガン「今度はアークスシップなんか行かずにすぐ戻ってきてくださいね!」
【若人】「分かってる分かってる。で、場所はどこ?」
クラーダ「あ、こちらです!」



惑星ハルコタン 


ユクリスマスマガツ

【若人】「・・・何これ。何このおっきいの。」
ダガン「ええと、『マガツ』と呼ばれるクリスマスツリーです。」
【若人】「どう見ても動いてるし、アークス達と戦ってるじゃない・・?」
クラーダ「そ、そういう催しとなっております。」

ゆくりすます電飾

ダガン「ほら、電飾もこんなに綺麗ですし・・!」

【若人】「ふざけないで!あたしの本体戦を差し置いてこんなのがいるなんて・・・。」
ダガン「で、でもこの『マガツ』も我々の仲間みたいなものですし。」
【若人】「・・・こんなぽっと出のボスなんかにあたしの出番は奪われていたのね。」
クラーダ「げ、元気出して下さい・・・。」
【若人】「そんなことよりクリスマス会場は何処・・・?連れてかないと殺すわよ。」
ダガン「は、ハイぃ!」



惑星ナベリウス クリスマス会場

【若人】「無駄に寄り道食らって疲れたわね・・。」
クラーダ「で、では帰りましょうか!?」
【若人】「殺されたいの・・?」

ユクリスマス3

【若人】「さすがにクリスマスっぽくなってるわね。半袖だからちょっと寒い・・。」


クリスマス靴

【若人】「大きな靴も飾られているのね。」


べあっだ

【若人】「あれ、このクマさんハロウィンの時にもいた気がする・・。名前何て言ったっけ?」
ベアッダ「ぼんだ・べあっだ!!」
【若人】「覚えられる気がしないから、クマさんって呼ぶわね。」
ベアッダ「ぼんだ・べあっだ!!!」
【若人】「・・・」


くりすあんげる

【若人】「あら・・どこかの負け犬もいるじゃない・・?何してんのこんなところで。」
【敗者】「無意味で無駄で愚かしいクリスマスというイベントなど潰しておこうと思ってな。」
【若人】「へぇ。せいぜい頑張ってね。負け犬さん。あたしはもうちょっとクリスマス楽しんでるから。」
【敗者】「お前こそな・・・。む、試算完了。プレゼントだ・・・。」
【若人】「なんだ。プレゼント配ってるだけみたいね・・・。ビッグクリスマスプレゼントもよろしくね。」


ひかうき

【若人】「ほんとにプレゼントが来た・・・。」


くりすます木

【若人】「クリスマスのツリーもあるじゃない。ビームが出るわけじゃないし、いい感じ。」


【若人】「うーん。なかなか楽しませてもらっちゃったかな。そろそろ帰ろうかしら。」
アークス「おい、そこのアークス。そろそろ帰るぞ。」
【若人】「え。あたし、アークスじゃないんだけど。っていうか、またこの流れ・・・?」



アークスシップ

【若人】「また、アークスシップに来ちゃった・・。」

クリスマスねえちゃ

【若人】「あの2人はカップルなのかな。たしかに、クリスマスってそういうイベントだったような・・・。」


クリスマスねえちゃん

【若人】「ん・・・。ってことは、あたしも誰かとカップルになったほうがいいのかしら。」
アフィン「・・・」
【若人】「・・・なんか穏やかな気持ちになってきちゃった・・・。」
    

姉ちゃあああああああああああん!!


おしまい。
次回、【若人】ちゃんのハッピーニューイヤー!お楽しみに!!


おまけ

ユクリータクリスマス

関連記事

| 日記 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukti555.blog.fc2.com/tb.php/241-35dd6beb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT